光の渦

子どもの頃の原体験が、今の僕を形成している。それは当たり前すぎることではあるけれど、これほどまでに人生に影響を与えるものなのか、それとも美化された過去がこの原体験を大きく映しているのか、僕には分からない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6.邂逅

 僕は約束を守った。
 次の年も当然といった様子で参加をした。
 それまではずっと、あの、何かに酔いしれていたような三日間の感覚が懐かしかった。
 だから、キャンプに参加する集まりが始まるまでは、待ち遠しくて仕方がなかった。


 後から両親に聞いた話では、僕はキャンプから帰ったその日は疲れてしまってとても不機嫌な様子だったそうだ。
 でも、翌日からは、しばらくの間、キャンプの想い出話ばかりをしていたようだった。
 そして、秋、冬が過ぎてもそれらの想い出はほとんど色あせることはなかった。

 そして、最初の顔合わせが行われる春の日がやってきた。
 
 僕が最初にしたことといえば、去年ズボンのポケットに入れっぱなしで返すのを忘れて、持って帰ってしまった乾電池を本橋さんに渡したことだった。
 しかし本橋さんはそれを覚えてはいなかったらしく、不思議な様子でその乾電池を受け取ると、早速使用しようと試みたが、当然使えるはずもなく、それが僕の悪ふざけだと思ってか無情にも怒られてしまった。
 僕は、ずっと捨てずに持っていたというその気持ちが伝わらなかったことが残念であった。

 その本橋さんとはその年も同じ班になった。
 相変わらず、いつ見ても女性とばかり話をしているようであったが、やはり優しくも頼れる大学生であった。
 しかし、その時四年生だった本橋さんはその次の年のキャンプには、大学を卒業してしまった為にもう参加をしなかった。
 僕は本橋さんがいないキャンプが、とても不自然で、いつも楽しく過ごしてはいても、心のどこかに常にぽっかりと穴が空いているような感覚であった。


 じんべー君も次の年は参加をしたようだったが、班が違ってしまったために、僕はあまり話をする機会もなかった。
 いつも見かけると、班の人たちと楽しそうに話をしているので、わざわざほかの班の僕なんかと話をする必要がなかったのかもしれない。
 そして、その次の年は中学生になったところで来ることをやめてしまったようであった。
 それを知ったときには少しさびしいような気はしたが、なぜか本橋さんの時ような感覚にはならなかった。


 ちょろさんとは、それ以降一度も会うことがなかった。
 僕はちょろさんのテキパキとしたところや、みんなを引っ張っていく力強さを尊敬していたので、すごく残念に思っていた。
 やはり中学生になる年だったことに原因があるのではないかと僕は推察をしていた。


 そのちょろさんと同じ年の倉田君は続けて参加をしていた。
 中学生になっても基本的にあまり変わった様子はなかったが、僕には班が違っていても、どこかで行き会うと自然に話しかけて来てくれて、僕にとってはとても安心をさせてくれる存在だった。
 その自然な様子からか、きっとこの人はいつまでもこのキャンプに参加をしているのだろうと、僕は想像をしていた。


 大学生のしょうこさんは相変わらずの心配性で、僕とは班が違うのに、会うたびに「ちゃんとやっているか」とか、「下級生の面倒を見ているか」とか、そんなことばかりを言い続けていた。
 正直、うるさいなと思うことはあったけれど、でもそうやっていつでも僕のことを見ていてくれることが嬉しかったし、班が違っても気にしてくれるしょうこさんの優しさや正直さに、かえって気付けたような気がした。


 隣の班だったこうた君はずっと参加をしていた。
 その後、結局同じ班になることは無かったが、相変わらず会うと自分の班の自慢話ばかりをしていた。
 しかし、何かの拍子に見せる仕草や様子が年々大人びてきているようで、そんな時はいつまでも変わらない僕がなんだかひどく子どもっぽく思えて、劣等感を覚えさせられた。


 高校生のかずし君もその後ずっと参加をしていた。
 そして、いつ会っても相変わらずそのままのかずし君だった。
 次の年のキャンプでは、小学生の男の子を後ろから羽交い絞めにしておいて、そのまま股間を握って「おむすび」と言う遊びをしきりに行っていたが、それは後になって問題になったようで、保護者の方からのクレームが殺到したという話であった。
 また、子どもたちの前で煙草を吸ってみせたことも発覚し、大学生たちからは相当に怒られたようだった。
 大学生からすると、いつでも危険人物の最右翼であるようだった。
 それでも本人はいつでも自分なりに楽しんでいるようだったし、奇想天外な発想をもっていたり、僕たち小学生と近い目線でものを見ているかずし君が僕は好きで、一緒に居ることが多かった。
 しかしそのために僕も随分と大学生たちに警戒をされていたようだった。


 かずし君と同じ年のミミさんはずっと優しかったし、いつでも僕の味方だった。
 だから僕はミミさんの前にいると、とても正直で思慮深くなれた。
 そのために僕は、その後の人生において無意識のうちにミミさんが理想の女性像になったようだった。
 これもまたこの原体験が僕に与えた影響のひとつなのだろう。
 しかし、もちろん当時はそんな風に考えてはいなかったし、恋心などという感情からは程遠く、どこか特別な人
ではあっても、結局は優しくて良い人くらいにしか思ってはいなかった。
 また、ミミさん本人がどういった心境で僕をキャンプ中の仮想恋人に見立てたのかは、今でも僕には分からないし、それには特に興味もなかった。

 
 大学生だった鉾田さんは僕たちの知らない理由で大学を辞めたようであった。
 そのために生活には苦労をしているような話をどこかで聞いたことがあった。
 しかし、毎回キャンプには来てくれていて、そんな苦労の事などは微塵も見せずに、いつもその恵比寿顔に笑顔を乗せていて、そしていつでもみんなに幸せを配って回っていた。



 事件や事故もいくつかあった。
 
 肝試しを行うので、そのウォーミングアップとして大学生が話をした、キャンプ場での首つり自殺の話があまりにもリアル過ぎて、何人もの子がその晩は怖くて眠れなくなってしまったことや、管理人さんに、本当に鹿肉を食べているのかと聞いてしまった小学生がいた為に、全員が活動を中止して一堂に集められて説教をされてしまったこととか、またはキャンプファイヤーの聖歌ランナーが途中で道を間違えて崖から落ちてしまって、その炎の軌跡を不思議な様子で見守っていたことなど、数え上げれば限がないくらいだった。
 
 そんな事件や事故などは、大人の人たちにとっては眉をひそめるような出来事であったのかもしれないけれど、僕たちにはその激しさこそが心から笑えて、そして現実を生きているという生の実感が野太く感じられた。

 普段の生活においては、あまりにも周りのシステムが完備され過ぎていて、朝起きてから夜寝るまでがどこかですでに決まっている中で、少しの空いた時間にようやく自分たちの子ども的アイデアを発揮することで抑揚が少ない生を猛ることが許される毎日だったが、このキャンプの間のひとときだけは、この世界を動かしている大きな時間の流れを感じられて、子どもなりにも自分たちが自分たちの生を貫ける空間であった。

 しかし、僕はやはり子どもであるがゆえに、そんな時間は繰り返しながらいつまでも永遠に続くものだと思い込んでしまっていた。



 そして、中学生になると、多くの人たちと同じように僕も部活動の忙しさや、ほとんど参加ができないなかでの参加費の支払いについて考えるように親から話をされていて、そのうちにその理非を説得されてしまい、不本意ながらも不参加への同意を余儀なくされることになった。

スポンサーサイト

PageTop

5.約束

 夕刻というのにはまだ少し早いくらいの頃になってようやく雨が上がった。
 そして、ひょっこりといった具合に再び太陽が雲の切れ間から恥ずかしそうに顔を覗かせた。
 その斜めに降り注ぐ光が、それでも真夏の力強さをもって、濡れた木々や地面を急速に乾かしていった。

 テントの中で楽しいひと時を過ごしていた僕たちは、それでも持て余していた運動への欲求を解放するために、勢い込んで外へと飛び出していった。
 周りを見渡すと、それぞれのテントからも、何か奇声のようなものをあげながらぞろぞろと人が這い出てくるのであった。
 そして、班ごとに集まると、思い思いの活動をし始めていた。

 僕たちはこれまでの集まりでなんども練習をして踊りなれていたダンスでおもいきり体を動かすことにした。
 
 やはり、地元の児童公園などで踊っているときよりも、特別な場所で特別な時間に踊るという興奮が自然と踊りを激しくして、その自らの興奮を糧により気持ちの良い時間をつくりあげていった。



 夕食はかまどを囲んでバーベキューや焼きそばなど簡単に出来る料理になった。
 それは、その後の計画のための都合ではあったけれど、狭いスペースに密集してヤイノヤイノと騒ぎながら調理をしていくことはとても楽しく、なんだかそれだけでお祭り気分になって、徐々にみんなが陶酔していくのが感じられた。
 
 かまどに火が立つと、熱せられた鉄板の上には肉や野菜が次々と投じられていった。
 そして、いただきますを言うのももどかしい様子で、それぞれがその場で口に運んでいった。

 「スーパーで安売りしている肉とは思えないうまさだよな。」
 じんべー君は相変わらず穿った言い方で笑いを取ると
 「安くすますために閉店間際に買いに行ったらしいよ。」
 と、チョロさんもすかさず相槌をいれた。
 「わざと貧乏なスタッフが買いに行ったらしいぞ。」
 倉田君の言っている意味がよく分からなかったので
 「なんで。」
 と、僕は純粋に聞いてみた。
 「雰囲気で店員さんがサービスしてくれるんだよ。」
 と、教えてくれたが、やはり僕にはそういった大人の世界観が分からなかった。
 しかし、すかさず本橋さんが
 「みんな、そんなことはないぞ。この最後の夕食のために最高の肉をスタッフが頑張って集めてくれたんだぞ。」
 と、フォローをいれるのだった。

 僕はこの楽しい夕べが永遠に続いたらどんなに幸せだろうと考えていたが、本橋さんの最後の夕食という言葉がなんだか切なくて、嬉しさと寂しさの間に不安定なかたちで置いてけぼりにされたような気分だった。

 
 
 このような雰囲気の中、自然な様子で盛り上がって行った最後の夜はいよいよクライマックスを迎えた。
 すっかり暮色が世界を包んでしまう頃合いを待つようにして、そんな夜に相応しいお祭りが始まった。

 「ウララ、ウララ。」
 というなんだか不思議なお祈りを本部の大学生たちが始めると、みんなもそれに従って同じように祈り始めた。
 僕もその広がっていく渦に巻き込まれるようにして、自然なかたちでお祈りに加わった。
 そして、徐々にそのお祈りのテンポが上がってくると、今度は踊るような仕草で立ち上がり、大きく移動をしながら、その仕草を激しく繰り返した。
 そうしているうちに、いつの間にか炎のトーチを持った人たちがバラバラにその踊りの輪の中に加わり、僕たちが形作った円周は、何かひとつの生き物のようになって滑らかに流れて行った。

 暫くすると、炎のトーチを掲げ円の中心に向かって輪から離れて行った人たちが、何やら大声で叫ぶと一斉に中心の組み木にトーチを押し込んだ。
 
 僕たちはすでに踊ることを止めて、次の瞬間に期待を込めて一心にその組み木と投じられたトーチを見つめていた。

 期待通りすぐ次の瞬間に大きな炎が立ち上がる、ということは無かったけれど、少し戸惑った様子の炎たちがそれでもその生命力を誇示するかのような力強さで獣のような唸り声とともに、次第に夜空へと立ち上って行った。

 そして、誰かが大きく拍手を始めると、みんながそれに同和するように一斉に拍手をするのだった。
 
 
 そんな力強い炎の息吹を間近に感じながら、僕たちはいくつかのダンスやゲームをして盛り上がっていった。
 そして、その後にはいくつかの歌を歌った。
 そんな風にして時を過ごしていると、最初は盛んに燃え盛っていた炎も、その活動力を使い切ってしまっていて、後は徐々に落ち着いて行くだけであった。

 そんな炎の様子を見据えてか、いよいよ最後の踊りが始まった。
 その踊りは初めて踊るものであったが、単純な動作と掛け声の繰り返しなので、すぐに覚えて気持ちよく踊れるものだった。
 しかし、その繰り返しを何度も何度も続けているうちに疲れてしまって、次第に僕はいつ終わりになるのかばかりを考えるようになっていった。
 それでも、周りの様子からは一向に終わる気配は感じられなかった。
 そこで、僕は一旦輪から離れて少し休憩をしようとしたが、そんなことは許されないルールのようで、外からバケツを持ったスタッフの人に水を掛けられてしまい、そのまま輪の中に追い返されてしまった。 

 しかたがないので、よろよろになりながらも再び輪に戻って踊り始めると、それからほどなく、僕と同じように水を掛けられて輪に追い返される人を何人も見かけた。

 半ば放心状態でしかたなしに踊っていると、俄に掛け声がかかって
 「あと十回。」
 と、カウントダウンが始まった。
 僕はようやく心に元気が戻ってきて、それからは最後の力を振り絞って踊った。
 周りのみんなもやはり同じ心境だったようで、カウントダウンが進むほどに盛り上がっていくようであった。

 そして、最後の一回を踊りきると、唐突な感じで終了になり、みんなが黙って地面にしゃがみ込んだ。
 僕もその場に座って目を閉じていると、瞼の裏側でぐるぐるとぼんやり赤い色をした何かが動き回っているようであった。
 やがて、そのぐるぐるがゆっくりになり、そのうちに静かに消えてしまうと、今度は周りの静寂が急に気になってきた。

 僕は急いで目を開けると、周りの様子を確認した。
 すると、まるで僕が目を開けるのを待っていたかのようなタイミングで誰かが拍手を始めた。
 そして、それを追うようにして、みんなが拍手をしていった。
 その鳴り止まない拍手の渦の中で、僕は夢中になって手を叩きながらも、心の中では、この光景を一生忘れないだろうと確信していた。



 おそらく、班の中で一番最初に眠ってしまったであろう僕は、順当に一番最初に目を覚ました。
 そして、昨日ミミさんに教えてもらった顔洗い場に一人で出かけて行った。

 しかし、案に相違してそこには誰もいなかった。
 しばらく一人で佇んでいたが、そうしていることにすぐに飽きてしまうと、とりあえず広場の方へと帰っていくことにした。

 森の木々を縫うようにして続いているけもの道を歩いていると、前から何人かの人たちがやってきた。
 そして、先頭の大学生が僕の顔を認めると
 「ココおはよう。」
 と、声を掛けてきた。
 その顔触れは、もうすっかり見慣れた隣の班の人たちであった。
 「おはよう。」
 と、答えながらも彼らがどこに向かおうとしているのかがすごく気になっていた。
 すると、
 「いいだろ、クワガタ取りに行くんだ。」
 と、その班の四年生のこうた君に自慢をされてしまった。
 
 こうた君は以前に火起こしが上手くいかなくて、僕にフォローをされたこと、またその時にこの班のご飯を僕が結構食べたことなどをおもしろくなく思っているようで、その後僕と顔を合わせる度に自分たちの班の自慢話をするのだった。

 だから、僕は特に興味が無いふりをしてさっさと広場に戻ろうとしたが、その班の大学生から
 「一緒に行こうよ。」
 と、誘われるとやはりクワガタの魅力に抗しがたいものを感じていた。

 少し迷ってから、結局一緒に行くことにすると、こうた君はあからさまに嫌な顔をした。
 「僕たちの班の秘密の場所なのに。」
 と、言うと
 「誰の場所でもないよ。」
 と、早速なだめられていた。
 「それに、今日はもう帰ってしまうんだからそんなの秘密にしていたって仕方がないよ。」
 なんだか僕やじんべー君が本橋さんに言われていそうな会話だった。 
 そんな様子を僕は傍らで見ていて、どの班でも小学生は同じようなことを言われているんだな、と思いながらも、やはり大学生はえらいもんだなぁ、と勝手に感心をしていた。


 森の出口付近まで歩くと、そこにはまだうっすらと灯っている街灯がひとつ忽然と立っていて、その人工物然たる姿がなんとも不自然で不格好であった。
 しかし、その周りには大量のカブトムシやクワガタが留まっていた。

 僕は夢中になって一匹ずつ捕まえはじめると、コクワガタやノコギリクワガタはもちろんのこと、町では姿があまり見られないヒラタクワガタやミヤマクワガタまであっさりと捕まるのだった。
 
 僕の少ない人生経験上こんなに一斉に捕れることは初めてなので、僕はすっかり興奮をしてしまい、片端から捕まえては、そのときちょうど着ていた薄手のジャンパーのポケットに詰め込んでいった。
 すると、突然こうた君が
 「おまえ、捕りすぎだぞ。」
 と、絡んできた。
 僕はやれやれといった面もちで、
 「自分も欲しいだけ捕ればいいじゃん。」
 と言い返した。
 すると、
 「そんなポケットに詰め込んで、かわいそうじゃんか。」
 と、言い返すこうた君はTシャツ姿に手ぶらなので、捕まえたクワガタやカブトムシを保管しておく方法がないようだった。
 僕はもう彼には構わずに引き続きクワガタ取りをしようとしたが、
 「二人とも、観察した後は森に逃がしてあげよう。」
 と、今度は大学生の人に言われてしまった。
 「えぇ、なんで。」
 と、僕は言い返すと
 「自然の物は出来るだけ自然のままにしてあげた方がいいんだ。それに、そんなに持って帰っても多くを死なせてしまうだけで、飼いきれないよ。もし、どうしても持って帰りたいのなら、せめて一匹か二匹くらいの良く面倒を見られる数にしよう。」
 と、説得をされてしまった。
 僕はまだ不満げな様子でいると、傍らのこうた君が
 「うん、わかった。僕は持って帰らない。」
 と、きっぱりと言い放った。
 「じゃあ僕もやめとくよ。」
 こうた君に引きずられるようにして、しぶしぶといった様子で僕は言った。
 しかしすぐに、僕はその時、こうた君の決断力に負けてしまったことを感じていて、これまで意地悪なイメージしかなかったこうた君が、少し大人に見えたことが、少し眩しくもあり、そして悔しくもあった。



 朝食を食べ終わると、テントの片づけが始まった。
 そうなると、すっかり撤収の気配が漂い始めて、僕はなんだか急に物足りなさを感じ始めていた。
 最初の頃はうまくいかなくてつまんない思いをしていたせいか、やっと楽しくなってきて、また、ようやくいろいろなことにも慣れてきたと思い始めた矢先にもう終わってしまうようで、まだほとんど何もしていないような感覚であった。
 「もう終わりなの。」
 と聞いてみると、まだこの後に軽く散歩に行くという話なので、少しほっとして、僕は安心して片づけを手伝った。



 片づけが終わると先程の話の通り、班ごとに森の中に散策に出かけた。
 僕は歩きながらじんべー君の話に耳を傾けて、そして自分もクワガタ取りの話をした。
 「すげーな、来年はみんなでそこに行こうよ。」
 と、じんべー君が言うと
 「僕たちも早起きをしないとだめだな。」
 と倉田君も乗り気な様子だった。
 「でも、来年はみんな違う班になっちゃうよ。」
 というちょろさんの言葉には誰も答えられなかった。
 やっぱりみんなもこれで終わりなのがさびしいんだなと僕は悟った。


 しばらく歩くと少し開けて良く風が通る気持ちの良い場所に出た。
 そこで、みんなが思い思いの姿で座り込むと、本橋さんの指示で少し目を閉じて今回のキャンプを振り返ってみた。

 辛かったこと、さびしかったこと、または楽しかったこと、嬉しかったことなどがたくさんあったはずなのに、なぜか思い出すことといえば、なんでもない些細なことばかりであった。
 それは、刺すような日差しと、蝉の鳴き声、川のさざめき、広場の様子、みんなのクローズアップされた笑顔などで、それらが次々と脳裏を横切って行った。

 
 目を開くと、みんな一様に黙っていた。
 そこで僕は、本橋さんに向かって
 「まだ、帰りたくないなぁ。」
 と試みに言ってみた。
 すると
 「一生ここに住んでみるか。」
 と笑いながら冗談で返された。
 僕は少し考えてから
 「それは困る。」
 と、答えると
 「じゃあ、また来年来るしかないな。」
 とさりげなく誘ってくれた。
 そう言ってもらえたことが嬉しくて、僕は立ち上がると大きな声で
 「絶対来るよ。」
 本橋さんと班のみんなとそして森の木々たちに約束をした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。